鈴木 ひろかさん(航海士)


東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 卒業

鈴木 ひろかさん

① 今のお仕事はどのような業務ですか。

現在、オイルケミカルタンカーでC/Oのアシスタント業務をしています。主な仕事は、作業に関わる書類作成全般と、荷役・タンククリーニング・メンテナンス等です。特に気を使うのは、Stowage Planの作成とタンククリーニングです。
さらに、クルーの安全を守る事も重要な仕事であり、酸素や有毒性物質の空気中濃度を検知したり、適切なPPE(保護具)の教育をしたりしています。また、メンテナンス計画及びその実行も重要な仕事です。不具合箇所、その可能性のある場所を早期発見して、船を良好な状態に保たなければなりません。作成した書類の事前確認や仕事に対する改善点やアドバイスをC/Oから頂きながら、現在は仕事をしています。実践しないと学べない事が沢山あるので、今後も励んでいきたいと思っています。非常に責任のある仕事ばかりですが、そこにやりがいを感じています。

② なぜ、今の会社へ入社したのですか。

皆さんも進路や就職活動で悩む時期があると思いますが、私もそうでした。私の場合は、海運会社から物流会社、メーカー、研究所等、非常に多種多様な業界を調べ、実際に訪問しました。そのお陰で、本当に海運業界が好きである事を再認識しました。その中で、日本では珍しい、ケミカルタンカーに特化した今の会社を選び、入社致しました。

③ 職場はどのような雰囲気ですか。

混乗船で、外国人が多いです。特にフィリピン人クルーが多く、ラテン系の明るい雰囲気の中で仕事をしております。クリスマスや新年、クルーの誕生日には共にお祝いします。国や出身地による文化や考え方の相違も勿論ありますが、それを取り持てるように現在も努力をしています。また、SI(船舶管理監督)や陸上社員と一緒に船内を点検したり、今後のメンテナンスについて話し合ったりもしています。

④ 入社して大変だったことは。(乗船勤務・陸上勤務を通じて)

オイルケミカルタンカーは、船種の中でも特殊で大変と思います。また、港間の航海距離が短かったり、荷役するバース数が多かったりするので、スケジュールが忙しく、離着岸作業や狭い輻輳海域を通る事も多いです。学生生活の乗船実習にはない、こういった生活に慣れる事が、最初は一番大変だと思います。特に、荷役やメンテナンス作業は分からない事ばかりだと思います。しかし、次第に慣れていきますし、仕事も積極的にしていく事で早く覚える事が出来ると思います。

⑤ 今後の展望や目標はありますか。

もっと経験を積み、知識を付け、C/Oになる事が今の目標です。
C/Oのアシスタントをしていると、自分の知識と経験が不足している事を思い知らされます。C/Oの仕事は忙しく責任も重いですが、クルーと協力しながらより良い雰囲気で仕事が出来るようになりたいです。

⑥ 後に続く後輩たちへのアドバイスをお願いします。

後輩の皆さん、海上での職務は非常に特殊で、特に最初の船は大変な事が多いかと思いますが、常に目標を持って、自分で考え行動出来るよう、頑張って下さい。不安な事や疑問は上司に打ち明けて解決していくといいと思います。多忙な日々でのストレス対策も忘れず、時には家族や友人に支えて貰い、周囲の方々に感謝しながら、仕事と上手く向き合って下さい。

鈴木 ひろかさん