野村 亘平さん(機関士)


広島商船高等専門学校卒業

① 今のお仕事はどのような業務ですか。

三等機関士として海上で勤務をしています。ボイラー,空調機,造水器等を担当しています。また、これらの機器以外に電気系統全般や救命艇のエンジンも担当しています。

② なぜ、今の会社へ入社したのですか。

私は、将来陸上から船舶を支援・管理する業務に就きたいと思っています。弊社では、自動車運搬船,重量物運搬船,ばら積み船及びコンテナ船を管理・配乗船しています。そのため、いろいろな船種に乗船する機会があり、多くの知識・技術・経験を得ることができるので、私の理想とする働き方と一致したため入社をしました。

③ 職場はどのような雰囲気ですか。

船内では基本日本人は一人でほかのクルーはフィリピン人やベトナム人です。定期的に誕生日パーティーやクリスマスパーティーを行い親睦を図り、国籍関係なくみんな協力して安全運航に努めています。入港時は上陸してリフレッシュできることも魅力の一つです。

④ 入社して大変だったことは。(乗船勤務・陸上勤務を通じて)

初めて乗船したときは英語が全く話せなくコミュニケーションがとれませんでした。そのため、わからない単語は辞書で調べるなどして、積極的に会話をすることを心がけました。今でも英語は得意ではありませんが日常的な会話は行えるようになりました。

⑤ 今後の展望や目標はありますか。

将来は、機関長となりその経験と知識を生かして陸上で船舶を管理する業務に携わることです。そのため、休暇中に上級免状の勉強も行っています。

⑥ 後に続く後輩たちへのアドバイスをお願いします。

私は去年、海運が世界経済の土台を支えていると身をもって実感しました。新型コロナウイルスの影響で多くの輸送手段が停止している中、船舶が物流の唯一の手段となっていたからです。船員は普通の人たちからしてみたら影の薄い存在ですが、みんなが思っている以上にすごい仕事をしているんです。ぜひ、船員を目指していただき、すごい仕事を一緒にしましょう。

野村 亘平さん