堺屋 純さん(航海士)


大島商船高等専門学校 卒業

① 今のお仕事はどのような業務ですか。

現在三等航海士として乗船しています。主な業務は消火設備、無線機器のメンテナンス及び書類作成等です。出入港する際は船橋で船長の補佐を行います。どれも安全な航海をする上で欠かせない仕事です。

② なぜ、今の会社へ入社したのですか。

学生の頃、外航船員になりたい!という想いのみで就職活動に臨みました。
しかし、実際に船会社の方と話をする機会というのは少なく、詳細な情報を集めることが出来ませんでした。そんな中SECOJ の合同面談会に参加しました。会場では多くの船会社の方と話をし、船種、航路、乗組員や休暇、給料形態そして会社の雰囲気などを見聞きし、それらの情報から比較し、自分に合った今の会社に入社することが出来ました。日本人の少ないケミカルという分野で上を目指したいということも入社の理由です。

③ 職場はどのような雰囲気ですか。

韓国、中国、ミャンマーの乗組員と共に乗船しています。多国籍なので文化の違いはありますが、皆家族のように一緒に食事をし、ギターやゲームなどの娯楽をし、楽しく過ごしています。日本人は私だけですが、寂しさを忘れるほど過ごしやすく、下船するまでがあっという間に感じたほどです。

④ 入社して大変だったことは。(乗船勤務・陸上勤務を通じて)

ケミカルタンカーの構造、カーゴを理解することが大変でした。まだまだ勉強が足らないとも思いますし、とにかく忙しいです。バースシフトも多く、またPCCやコンテナ船などと違い本船荷役なので、全て自分達で行います。睡魔と戦う日々もありましたが、慣れとは怖いもので上手く乗り越えることが出来ました。

⑤ 今後の展望や目標はありますか。

船上での経験を積んでいき、ケミカルを正しく安全に扱えるようになりたいです。また、救命艇やECDISを熟知して航海士としてのスキルアップも目指したいです。大変で責任の大きなことですが、Officerとして誇れるよう頑張っていきます。

⑥ 後に続く後輩たちへのアドバイスをお願いします。

色々なことを聞いて、見て、経験し多くの知識を得るよう努力して欲しいです。そうやって得た能力は、「自分のやり方」を見つけられて仕事が楽になり心の余裕ができます。頑張って下さい。

堺屋 純さん